劇団とんぼ座 (大衆演劇) 山﨑卑弥呼

photo1劇団とんぼ座は、幅広い年齢層の方が観ても共感し、楽しんでもらえるようなステージにする事を心がけています。古い伝統や文化を大切にして、後見(祖父=山﨑勇(劇団役者))の指導のもと代々受け継がれてきた芸の形や色を土台とし、現代的な新しいものも取り入れるようにしています。”懐かしく”もあり、かつ”新鮮!” それが劇団とんぼ座です。パワー溢れるステージに乞うご期待下さい!!

略歴

1987年
06歳 初舞台 テレビでお馴染みの若葉劇団に所属し、女チビ玉『紅ひみ子』として子役時代を過ごす。
1990年
09歳 劇団虎(当時…劇団ママ)に所属。
1996年
15歳 山口県長門市「湯本観光ホテル」にて劇団とんぼ座を旗揚げ。旗揚げと同時に『山﨑ひみ子』として座長になり、全国の劇場・ホテル・健康センターなどで公演を行う。
2003年
22歳 『山﨑卑弥呼』として「劇団とんぼ座」を新たに再出発!

テレビ・舞台

1987年〜1989年
「オレたちひょうきん族」他多数の番組に“紅ひみ子”として出演
1996年〜
「TVヒューマンロード」に出演
北大路欣也主演の舞台「銭形平次」に『山﨑ひみ子』で出演

coment

女座長である山﨑卑弥呼が率い劇団、10数名の座員がおり、子役も幼児から小中高校生まで、各世代の役者が在籍し幅広いジャンルのお芝居からバラエティーショーも可能で、いろんな世代のお客様に満足頂ける公演内容です
主役は勿論座長である山﨑卑弥呼。とにかく多才!決して親戚(山﨑卑弥呼は、片岡鶴太郎の姪になります)だからではなく、片岡鶴太郎の一押し劇団です。そして個性豊かな役者が多く「また観たい、 また会いたい!」とお客様を引きつける劇団です。